2014-07

アルティメットニッパー

夜分遅くにこんばんわ|д゚)
謎の社員Cです。

ゴッドハンドといえばアルティメットニッパーヽ(・∀・)ノ
IMGP2153.jpg

なので、今日はあまり使い方を説明していない
アルティメットニッパーの使い方を・・・

まあ、ニッパーって好き勝手に使っていいものなので
推奨ってことで。

まずアルティメットニッパーの特徴は
片方にしか刃がないこと!
薄刃なので切れ味がずば抜けていい事!

これに尽きるんですが
こんな切り方がしたいからという理由で
作ったという切り方が今回説明する切り方なんです。

推奨切り(削ぎ切り)

図で説明すると
ニッパー使用画像
パーツに沿わせてゲートを切る。
これができるのがアルティメットニッパーの一番の特徴になります。
まな板刃がプラパーツを抑えることでこの切り方ができるんです。

IMGP2081.jpg
このパーツで説明しますね。

IMGP2084.jpg
まずゲートを残してパーツを切り出します。


IMGP2085.jpg
表刃が体の内側に来るように持って


IMGP2089.jpg
パーツに刃を沿わせながらゲートを切ります。(画像はひとりで撮ったので逆向きで撮ってますがww)


IMGP2090.jpg
これを削ぎ切りと、勝手にゴッドハンドの社員たちは言っています( ´艸`)ムププ


IMGP2092.jpg
応用編として


IMGP2093.jpg
ゲートを段階を踏んで切っていく2度切り、3度切りという切り方があります。

IMGP2098.jpgこうすることでゲート跡をほぼ残さず、白化を抑えて切ることができます。


IMGP2100.jpg
IMGP2101.jpg
コツですが少し刃先をパーツ側に押し付けると綺麗に切り出せるはずです。


IMGP2102.jpg
刃に角度が付いているのを意識しながら切るって感じですかね~


IMGP2104.jpg
逆に向かない切り方はこんな感じにまな板刃もパーツにくっついている切り方です。

IMGP2108.jpg
どうしてもまな板刃の厚さ分ゲートが残ってしまします。

IMGP2123.jpg
また、このようにどうしても刃の向きがあわせられない所も
苦手なゲートです。(この場合の解決策は左手用を使えば解決しますが)


IMGP2127.jpg
このような場面では

IMGP2129.jpg
IMGP2130.jpg
パーツの角度に合わせて切ったあと

IMGP2131.jpg
デザインナイフでゲートを削ぐような切り方


IMGP2155.jpg
削ぎ落とし が有効な切り方です。
ただしこの切り方は上級者向けなのでアルティメットニッパーに慣れておられる方でいらないキットで
練習してから行ってくださいね。


次回はアルティメットニッパーを上手に使っていくための
練習方法や、切るときのコツを書こうかなと思っています。
それでは|Д´)ノ 》 ジャ、マタ

新商品発表!ヽ(・∀・)ノ

ゴッドハンド究極ブランドに新商品が加わります。
名前はまだ決まってないのですがゴッドハンドオリジナル目立てヤスリ【小・極小】の2種類です。
今回はそのテスト販売を28日から行おうと思っています。

IMGP2066.jpg
最大の特徴としてスジボリをしやすく加工してあります。

IMGP2072.jpg
片面にしか目のついていない片刃仕様(ゴッドハンドだけにヽ(・∀・)ノ
つまり片側しか削らないので彫り具合を調整しやすいんです。

IMGP2069.jpg
市販の75mmの目立てヤスリと比べていただいても大きさの違いがわかっていただけるかと

サイズが小さくなっているということはそれだけ薄いということ!(ゴッドハンドだけに!←しつこい?(´・ω・`)

これを使うと
IMGP2053.jpg
直線のスジボリがとても細くフリーハンドで入れやすくなります。
また、とても細くスジが引けるので他のスジボリ工具のきっかけ作りにも大変使いやすくなっています。

IMGP2046.jpg
画像左側が今回の目立てヤスリを使って彫ったスジボリ、
右はそのスジボリをガイドにして0.075mmのタガネで彫ったスジボリです。
目立てヤスリなのでV字に彫っていくのできっちりと溝にしたい時はタガネを使って頂ければ
いいかと思います。

加工した箇所を使っていただくと
IMGP2065.jpg
フリーハンドで直線の途中で角度を変えて彫り進めることもできます。

IMGP2075.jpg
また、曲面のスジを入れたりするのにも能力を発揮します。

IMGP2079.jpg
ノズルなどのスジボリがしやすくなります。

消えてしまったスジの復活にも効果的です!
IMGP2047.jpg
ここまで削ることはあまりないんでしょうが(^_^;)

IMGP2048.jpg
つなぎ目を消すために元からあったスジが消えてしまった場合などに

IMGP2052.jpg
この目立てヤスリを使うと楽にスジを復活させることができます。

IMGP2054.jpg
また、フィギュアの髪の毛などの溝を彫り直したりするにもとても効果的なヤスリです。

IMGP2061.jpg
目が付いた面などを活用していただくと綺麗に整形することもできます。

力加減で太く(深く)も細く(浅く)もできます。
また、市販のガイドテープを使ってもスジを彫ることができます。

28日の10時に販売開始予定です。
皆さんぜひお試し下さい。

今週日曜日はゴッドハンド公式と一緒にWFに行きますんで(完全別行動ですが)もしかしたら
お目にかかることがあるかもです|д゚)
開発試作品のレジン用ニッパーを持ってウロウロしていますよヽ(´▽`)/
もし、WFで見つけることができた方は「ブログ見ました」
とお声をお掛けください先着3名様に
今回の目立てヤスリ小を先着3名様にプレゼントします。

それでは謎の社員Cでした~(o・・o)/~

エレキングその2

いや~新潟は朝土砂降りで昼からジメ~っと晴れる不思議な天気でした。
え~社員Cです。
今日は一日中動き回って結局何もできていないという・・・orz
落ち込んでいてもしょうがないのでエレキングの続きを

IMGP1893.jpg
まずは尻尾をつけるためにドリルで穴を開けます。

次にこいつを
IMGP2037.jpg
金属線用【メタルラインニッパーSWN-125】

これで2mmの真鍮線をバッチンっと
IMGP1895.jpg
切りまして(^O^)

お尻の穴に
IMGP1897.jpg
差し込みますヽ(・∀・)ノ

そこにシアノン 黒 20gを塗って
IMGP1898.jpg
接着~o(^▽^)o

では次に角を
IMGP1906.jpg
湯口がニッパーなどで切りにくいので

こいつを使います。
IMGP1907.jpg
OLFA デザイナーズナイフ
こいつを使えば湯口なんか

IMGP1909.jpg
スパッーってな具合に切ることができます。

IMGP2038.jpg
で後は【スポンジ布ヤスリ】~神ヤス~を使って
表面処理をしたらOK!(*≧∀≦*)

IMGP2034.jpg
後は色を塗るだけなんですが・・・ひとまず休憩をば

明日は重大発表が待っているので( ̄∀ ̄)
では、またあした( ̄^ ̄)ゞ

エレキ~ング!

いや~寝苦しい日が続きますね~
社員Cです。


今日はゴッドハンド公式がどなたから頂いたまま、
ほったらかしにしているガレキを弄ってますヽ(・∀・)ノ
そのキットは
コレ
IMGP2027.jpg

とっても可愛い
ピンクの成型色のこやつですヽ(´▽`)/


早速表面処理に
IMGP1892.jpg
結構パーティングラインがありますね~

そこで、
IMGP1891.jpg
こいつの出番です。
【スポンジ布ヤスリ】~神ヤス

ガッツリと入っているパーティングラインを消したいので
2ミリ厚の#120番を使用します。

IMGP1888.jpg
本体の方もしっかりとヤスリがけを!

IMGP1887.jpg
ゴシゴシ(o ̄∇ ̄o)♪

神ヤスは薄くて丈夫なので
IMGP1890.jpg
ピンセットでつまんでガシガシこすっても大丈夫(´∀`)

つぎはシアノン 黒 20gの出番です。

IMGP1886.jpg
段差とか

IMGP1898.jpg
隙間とか|゚Д゚)))

IMGP1918.jpg
気泡にΣ(゚д゚lll)
中粘度の接着剤で隙間などを埋めやすい!

硬化するとプラスチックに似た硬さなので削りやすく
削った時にほかの素材との段差などが出にくい
とても使いやすい瞬間接着剤です。

また、黒色なので充填下場所の確認がしやすいので削る時の目安にもできます。

さて、次回またこの続きを再開しようと思ってます。

ちゃんと色塗りまでもっていきますよ~せっかくあるんだから作ってあげないとねヽ(・∀・)ノ

では皆さん夏風邪をひかないように頑張りましょうね。

ブログ始めましたヽ(・∀・)ノ

どうも、謎の社員Cです。
工具好きのモデラーなのでよろしくお願いします。


さて、初回は営業所が移転したことで

ご近所さんになったアネックス製品の紹介を
アネックス ラバーグリップ付 ステンレスピンセット フッ素加工(SUS410)
IMGP1943.jpg
このピンセットの一番の特徴はフッ素加工してあること!

IMGP1950.jpg
フライパンによくあるテフロンみたいな加工がしてあり糊などが付着しにくくなっています。

この特徴は
IMGP1954.jpg
シールを貼るのにもっとも適したピンセットということになります。

IMGP1933.jpg
先端は3種類あり、お好みによって選ぶことができます。

IMGP1957.jpg
デカールを貼る時にも糊面がくっつかずに効果抜群です。


IMGP1961.jpg
もちろん普通のピンセットとしてもしっかりしていて小さなものもしっかりと挟めます。

ラバーグリップ付きで滑らずしっかりとホールドできます。


なぜこのピンセットを押すのかと?

実はアルティメットニッパー5.0 SPN-120 プラモデルゲート専用片刃ニッパー
このピンセットとっても相性がいいんです。


説明のためにアルティメットニッパーで作った
バンダイ製のシュツルム・ガルスくんに登場してもらいますヽ(´▽`)/ガルス
IMGP1930.jpg
アルティメットニッパーを使えばゲート跡はほぼわからなく組むことができます。

でも、これだけではさみしいですよね(;・;)

IMGP1931.jpg
しかし、最近のプラモデルはシールを貼るだけで格好良くなるんです。

IMGP1936.jpg
シールがピンセットに付きにくいので楽に位置を決めて綺麗に貼れます。


IMGP1942.jpg
付属のシールを貼るだけで
こんなに鮮やかなシュツルム・ガルスくんの出来上がりです。

つまり、このピンセット、パチ組みする人には最高のピンセットなんです。

パチ組みで満足できない方でも
デカールを貼るときや小さいものを掴む時にもしっかり使える。

超お役立ちアイテムです。

アネックス ラバーグリップ付 ステンレスピンセット 極細鋭型 フッ素加工(SUS410)
おすすめですよ。



なお、ゴットハンドではこちらのピンセット3種とも入荷しておりますので
翌日配送できます。



どうぞよろしくお願いします。



ではまた次回。




«  | ホーム |  »

プロフィール

godhandtool

Author:godhandtool
ゴッドハンドの工具好きの社員が
模型を作っていくブログです。
様々な工具の紹介や使い方を
載せていこうと思っています。
時々究極な試作品の紹介をするかもヽ(・∀・)ノ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ニッパー (12)
アルティメットニッパー (4)
マスパー (2)
メタルラインニッパー (1)
アルティメットニッパー エッジ45° (1)
片刃ニッパー(名前) (1)
プレミアムニッパー (1)
トリニティー TM-02 (1)
クラフトグリップシリーズ (1)
ヤスリ (9)
スジ彫りヤスリ (5)
手切りヤスリ (1)
マイティープロ (1)
FFボード (2)
リューター (4)
スチールカッタービット (1)
ジルコニアロータリーバー (1)
面取りビットセット (1)
彫刻刀 (4)
スピンブレード (3)
ピンセット (5)
パワーピンセット (1)
ロック式ピンセット (1)
フッ素加工ピンセット (1)
パーツホルダー (1)
ピンバイス (3)
パワーピンバイス (2)
工具紹介 (19)
フレキシブルカッター (1)
アート・デザインナイフ (3)
サークルカッター (1)
カルコ (1)
鉄の台 (1)
のこぎり (2)
バイス (1)
スタンドルーペ (1)
ミルタガネ (1)
ハンドラップ200 (1)
メンテナンス (2)
サビ取り剤 (1)
直尺 (1)
工具セット (2)
フィギュア (1)
怪獣 (2)
エレキング (2)
壁美人 (1)
質問回答 (2)
プラモデルを作りましょ (8)
アルティメットカッター (1)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
3478位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
463位
アクセスランキングを見る>>

ゴッドハンド模型道

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

模型スペース整理術

社員Cの模型スペースを例にご紹介します。


GodHand 商品バナー

▼神ヤス!磨-MIGAKI-(厚さ3mm)

▼パワーピンセット先広/先細

▼ショートパワーピンバイス

▼FFボード専用両面テープ
 (15mm幅)


▼ミニFFボード専用両面テープ
 (10mm幅)


▼ミニFFボードステンレス

▼FFボード3色セット

▼フレックスクロス アソートセット

▼お出かけセット アルティメットニッパー

▼スピンブレード 1~3mm 5本セット

▼スピンブレード 1.1~2.9mm
 0.1mm刻み


▼スピンブレード 0.5~0.9mm
 0.1mm刻み


▼壁掛けプチ棚[壁美人金具付]

▼スジ彫りヤスリ