2017-03

ちょっとした気遣いヽ(・∀・)ノ

こんにちわ~ヽ(´▽`)/
早いもので今年もあと2日ですね|д゚)
今年最後の模型道は
時々お問い合わせをいただくアルティメットニッパー
仕様について|д゚)

まず、アルティメットニッパーはプラスチック専用です(゜д゜)

決して金属は切らないでください《゚Д゚》

次に大きな誤解があるみたいなのですが
クリアランナーのカットとクリアパーツのゲートを切るは違います。

アルティメットニッパー
IMGP3427.jpg
クリアランナーはNGですが

IMGP3422.jpg
クリアパーツのゲートは得意なんですよヽ(´▽`)/

IMGP3423.jpg
ゲートをちぎらず

IMGP3424.jpg
できる限り白化を抑えて切ることができるので

IMGP3426.jpg
ゲート跡が目立たず、クリアパーツの良さを活かして
パーツを切り出せるんですヽ(・∀・)ノ

そして、アルティメットニッパーの苦手なこと

それは
IMGP3434.jpg
このような位置にあるゲートをきれいに切り落とすことです( ̄▽ ̄;)

片刃の性質上どうしても
IMGP3435.jpg

IMGP3436.jpg
二度切りしても少しゲートが残ってしまうんです(´Д`;)

こればっかりはデザインナイフや、ヤスリに頼らざるを得ないんです(T▽T)

あとは左手用を持っていると解決するパーツとゲート位置の関係ぐらいでしょうか(´・ω・`)

アルティメットニッパーが欠ける原因で多いのが

IMGP3429.jpg
こんな切り方や

IMGP3430.jpg
こんな切り方のように
刃先が対象物の中に入った感じで切る
ことで刃が欠けることが多いみたいです。

他には
IMGP3433.jpg
刃長より長いパーツを切ったり

切ったあとにこじる、ひねるなど
刃に横からの衝撃を与えることで折れたりする事案が多いようです。

みなさんこういった行為を防ぐだけでアルティメットニッパー長持ちします。
年末年始にアルティメットニッパーを使う方はお気をつけてお使いくださいねヽ(・∀・)ノ

それではみなさま良いお年を(o・・o)/~

右左って(´・ω・`)

髪を切ったら
篠原勝之さんに似ていると言われた社員Cです(゜д゜)
わしゃぁ~熊かww《゚Д゚》

今日は
アルティメットニッパーの姉妹品
IMGP3267.jpg
アルティメットニッパー5.0 L(左手用)
のご紹介を

このニッパー、アルティメットニッパーとどこが違うかというと
IMGP3268.jpg
切れ刃とまな板刃の位置が逆になっているんです。

つまり
IMGP3275.jpg
左手で持って表刃を内側に向けたときに

IMGP3276.jpg
切れ刃が上に来る様に刃付けがしてあるんですヽ(・∀・)ノ
(画像ではわかりやすいようにしてあるので逆になっていますが)

友人用に作ってもらうとき友人が左利きだったので左手用となってます。

ただし、右利きの人には関係ないのか!というと
そうではないのです( ̄▽ ̄;)

IMGP3269.jpg
アルティメットニッパー推奨の削ぎ切り(削ぎ切りについてはコチラを)

IMGP3270.jpg
上手く切ればゲート処理をほぼしなくても良くなる切り方なんですが

片刃の性質上
IMGP3271.jpg
このような位置にあるゲートを削ぎ切りにすることが難しいのです(´-ω-`)

そこでアルティメットニッパー5.0 Lの登場ですヽ(・∀・)ノ
IMGP3272.jpg
刃が逆になっているのでアルティメットニッパーでは
当たって邪魔になるパーツを避けて切ることが出来るんです(`・ω・´)

IMGP3274.jpg
このような場所でも

IMGP3273.jpg
ご覧のとおりパーツに刃を沿わせて切ることが可能になりますヽ(・∀・)ノ

左利きの方も右利きの方も
このアルティメットニッパー5.0 Lいかがでしょうかヽ(´▽`)/
役に立つ1品ですよ(≧∀≦)

それでは(o・・o)/~

サンドイッチが食べたくなります(o ̄∇ ̄o)♪

どうも~こんばんわ~(* ゚̄ ̄)/

謎の社員Cです。
今回もニッパーのご紹介(゜д゜)
怒涛の3連続ニッパー紹介記事です((((;゚Д゚))))

今回は
IMGP2834.jpg
TSUNODA 三枚合わせ構造 トリニティーシリーズ TM-02のご紹介をヽ(・∀・)ノ

このニッパー実はモデラーの中に結構根強いファンが居るニッパーなのですよ!
一番の特徴は
IMGP2864.jpg
このようなニッパーを挟み込んだ3枚構造ということ(*゚▽゚*)
こうすることでニッパーに起きやすいガタつきを防いでいるのです(`・ω・´)
作り方は・・・企業秘密です(゜д゜)

他にも
IMGP2868.jpg
このエラストマーグリップが非常に持ちやすくて手になじむんですヽ(・∀・)ノ

IMGP2870.jpg
恒例の切った断面ですがミネシマプレミアムニッパーぐらいの断面になりますヽ(´▽`)/

使い方はやはり
IMGP2842.jpg
ゲートを少し残して切り出し、

IMGP2854.jpg
デザインナイフで切り出す。

IMGP2855.jpg


IMGP2869.jpg
二度切りでゲート跡を切り出す。

IMGP2867.jpg
と良いかと思います。

IMGP2859.jpg
また、刃の角度がきつくとってあるためエッジタイプのようにスケールモデルなどの細かな部品を切り出すときにも
向いているニッパーです。

そして今回伝えたいことはこのTSUNODA 三枚合わせ構造 トリニティーシリーズ TM-02進化したのです!


以前の仕様だと使っていた板バネが折れやすく困った問題が生じることがあったのですが
今回
IMGP2858.jpg
大幅にバネを変えて更なる進化を遂げました。

これでまた一層使いやすくなった
TSUNODA 三枚合わせ構造 トリニティーシリーズ TM-02ぜひお試し下さいヽ(´▽`)/

それではニッパーばっかり紹介している謎の社員Cでした(゜д゜)
では(o・・o)/




量産型ニッパー!(☆∀☆)

連日の更新に一番驚いている謎の社員Cです(((゜Д゜;)))

しかもまたニッパーの紹介( ̄▽ ̄;)

IMGP2829.jpg
今回はゴットハンド新製品の片刃ニッパー(←名前です)PN‐120です(・∀・)

どんなニッパーかというと
IMGP2833.jpg
ぶっちゃけアルティメットニッパーの量産型ですヽ(´▽`)/
といっても無尽蔵に量産出来るだけゴッドハンドに体力はありませんが(´Д`;)

で、量産にあたって
IMGP2830.jpg
画像を見ておわかりのように

IMGP2832.jpg
片刃ニッパー(←しつこいようだけど名前です)PN‐120の方が刃厚が厚く整形されております。
なので切れ味(特に切るときの握る力)は悪くなっておりますが
刃の強度は増しているのでアルティメットニッパーより折れにくくなっております。

切った断面ですが
IMGP2824.jpg
若干アルティメットニッパーよりも歪み、白化がでやすいというぐらいです。

実際に切るときはアルティメットニッパーと同じく
IMGP2819.jpg
少しゲートを残して切り出し

IMGP2821.jpg
その後”推奨切り”の削ぎ切りで切っていただくと

IMGP2822.jpg
ゲート跡の処理がしやすいかと思います。

クリアパーツも
IMGP2825.jpg
同じようにゲートを残して

IMGP2826.jpg
推奨切り”の削ぎ切りをすれば

IMGP2827.jpg
このぐらいのゲート跡で切り出すことができます。

軟弱者(カイ?)の謎の社員Cはアルティメットニッパーに慣れすぎていて
片刃ニッパーPN‐120だけでプラモデルを作っていたら手がだるくなってしまいましたww(´;ω;`)

アルティメットニッパーは繊細すぎて扱いづらい、折れそうで怖いっと言われる方はこちらをどうぞヽ(´▽`)/
今回発売されるのは先行量産試作なので刻印に究極と入っていますが量産がされた製品には究極マークがつかない仕様になっています。

それでは(o・・o)/~

高品質なニッパーだと!(((゜Д゜;)))

高品質なニッパー・・・それは

その名のとおり
ミネシマ Premiumニッパーヽ(´∀`)ノ
IMGP2790.jpg
ご存知の方も多いかと思いますが薄刃のプラニッパーの老舗のひとつですヽ(・∀・)ノ

いきなりの紹介ですが
このミネシマ Premiumニッパー謎の社員Cが初めて買ったニッパーなので
とても思い入れが深かったりします(゜д゜)

IMGP2791.jpg
燦然と輝くミネシマの文字ヽ(・∀・)ノ
当時めちゃくちゃかっこよく思っていました(今も好きなんですが《゚Д゚》)

思い出話はこれぐらいで
性能なんですが両刃でしっかりとした薄刃なので
IMGP2802.jpg
一度切りでランナーから切り離してもゲートは残りにくいのですが
どうしても白化やパーツを少しちぎってしまう事があるので

このように
IMGP2794.jpg
ゲートを残して切り出し

IMGP2796.jpg
アルティメットニッパーと同じように2度切りをおこなうか、
デザイナーズナイフなどでゲートを切り落とすと綺麗に仕上げることが
出来ると思います。

IMGP2798.jpg
2度切りでもほとんどゲートが残らず白化もパーツをちぎることもなく切り出せます。

IMGP2799.jpg
アルティメットニッパーでお馴染みの切った断面ですが
少し切り跡は残りますが白化も抑えて切ることができますよ。

みなさんもぜひ
ミネシマ Premiumニッパー
使ってみてくださいヽ(´▽`)/
オススメですよ~

ではまた(o・・o)/


«  | ホーム |  »

プロフィール

godhandtool

Author:godhandtool
ゴッドハンドの工具好きの社員が
模型を作っていくブログです。
様々な工具の紹介や使い方を
載せていこうと思っています。
時々究極な試作品の紹介をするかもヽ(・∀・)ノ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ニッパー (12)
アルティメットニッパー (4)
マスパー (2)
メタルラインニッパー (1)
アルティメットニッパー エッジ45° (1)
片刃ニッパー(名前) (1)
プレミアムニッパー (1)
トリニティー TM-02 (1)
クラフトグリップシリーズ (1)
ヤスリ (9)
スジ彫りヤスリ (5)
手切りヤスリ (1)
マイティープロ (1)
FFボード (2)
リューター (4)
スチールカッタービット (1)
ジルコニアロータリーバー (1)
面取りビットセット (1)
彫刻刀 (4)
スピンブレード (3)
ピンセット (5)
パワーピンセット (1)
ロック式ピンセット (1)
フッ素加工ピンセット (1)
パーツホルダー (1)
ピンバイス (3)
パワーピンバイス (2)
工具紹介 (19)
フレキシブルカッター (1)
アート・デザインナイフ (3)
サークルカッター (1)
カルコ (1)
鉄の台 (1)
のこぎり (2)
バイス (1)
スタンドルーペ (1)
ミルタガネ (1)
ハンドラップ200 (1)
メンテナンス (2)
サビ取り剤 (1)
直尺 (1)
工具セット (2)
フィギュア (1)
怪獣 (2)
エレキング (2)
壁美人 (1)
質問回答 (2)
プラモデルを作りましょ (6)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
3698位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
501位
アクセスランキングを見る>>

ゴッドハンド模型道

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

模型スペース整理術

社員Cの模型スペースを例にご紹介します。


GodHand 商品バナー

▼ショートパワーピンバイス

▼FFボード専用両面テープ
 (15mm幅)


▼ミニFFボード専用両面テープ
 (10mm幅)


▼ミニFFボードステンレス

▼FFボード3色セット

▼フレックスクロス アソートセット

▼お出かけセット アルティメットニッパー

▼スピンブレード 1~3mm 5本セット

▼スピンブレード 1.1~2.9mm
 0.1mm刻み


▼スピンブレード 0.5~0.9mm
 0.1mm刻み


▼壁掛けプチ棚[壁美人金具付]

▼スジ彫りヤスリ