2017-03

ずっしりと手にくるぜ!

残暑から少し涼しさも感じられるようになってきた気がする
社員Cですヽ(´▽`)/

季節の変わり目は体調を崩しやすいので
皆様お気をつけくださいね(´・ω・`)

さて今日は一挙に3アイテムのご紹介
IMG_5681r.jpg
ミニFFボード ステンレス(4本セット)フレックスクロス アソートセットミニFFボード専用両面テープですヽ(´▽`)/

ではまず
ミニFFボード ステンレス(4本セット)から
IMG_5683r.jpg
今回はわかりやすく扱えるように1~4の番号が刻印されています。

そしてヤスリを両面に貼る人向けに
IMG_5684r.jpg
側面にも見分けれる様にこちらも刻印を入れてあります。

使うときは
IMG_5686r.jpg
最初にIPAやシンナーで表面をきれいに拭いてから使用してください。

IMG_5689r.jpg
(製造の過程で油や油脂が付着している場合があるのでうまく両面テープがくっつかないばあいがあるので)

次は
IMG_5691r.jpg
フレックスクロス アソートセットです。

これの特徴は
IMG_5692r.jpg
布やすりなので耐久性が高くよく削れるということと
幅がほぼミニFFボード ステンレス(4本セット)一緒で
4種類の砂面がセットになっているので使い分けがしやすいようになっています。
また、縦方向に半分に切るとFFボード3色セットと同じ長さになるのでこちらとも相性よくお使いいただけますヽ(´▽`)/

次に両面テープなんですが
IMG_5695r.jpg
紙やすりを貼る場合

普通の両面テープだと剥がす時
IMG_5697r.jpg
糊が板材にくっついて煩わしい事がありますよね(´・ω・`)

そのためきれいにはがせるタイプの
IMG_5698r.jpg
両面テープを使っている人もおられると思います。

ただ、これが布やすりだと
IMG_5702r.jpg
きれいにはがせるタイプだと粘着力が弱くすぐに
布やすりが剥がれてしまいます。

ならば強力タイプの両面テープならどうかというと
IMG_5701r.jpg
普通の両面テープでも糊がくっついてしまうのに強力タイプだと
尚更残ってしまいます。

そこで今回の
IMG_5693r.jpg
FFボード専用両面テープ
ですヽ(´▽`)/

両面テープでよく使われている不織布ではなく
IMG_5694r.jpg
フィルムタイプで剥がす途中で破れにくく

gh-dst-10-sum2r.jpg
図のように粘着率が面ごとに違うのでヤスリ側は強くくっつき
板面は剥がしやすいという目的にあった両面テープですヽ(・∀・)ノ
そして市販品のものよりほぼ倍の長さの30Mあります(`・ω・´)

IMG_5704r.jpg
FFボードととても相性がいいんですヽ(・∀・)ノ


ただ、その性質上、弱粘着の面が先にくっつくため
剥離紙を剥がしにくいという問題が若干あるのですが

IMG_5709r.jpg
このように若干残して切り取り

IMG_5710r.jpg
折り曲げて剥離紙を取りやすくすると

IMG_5711r.jpg
きれいに剥がすことができますヽ(´▽`)/

また
IMG_5712r.jpg
剥離紙の真ん中あたりに切れ目を入れて

IMG_5713r.jpg
真ん中から剥がしてもきれいに剥がせますよヽ(・∀・)ノ

両面テープは2種類
IMG_5706r.jpg
ミニFFボード ステンレス(4本セット)にぴったりの10mm幅

IMG_5705r.jpg
FFボード3色セット
にぴったりの15mm幅がありますヽ(´▽`)/

今回は相性のいい3アイテムを同時に紹介してみました。
皆様新たなアイテムで楽しい模型ライフをおくってみては
いかがでしょうか?

それでは(o・・o)/~

スジ彫りヤスリ使い方 続き

こんにちは
社員Cです。

昨日途中だった
スジ彫りヤスリの使い方を

C面などエッジを立てたい時など細かな面出しをする時など
IMGP3365.jpg

IMGP3366.jpg
押し切り、引き切りと使うことができ、金ヤスリなのでエッジが立てやすいです。

ガイドテープを使う場合
片刃の特徴を活かして刃がない方をガイドテープに当てることで
ガイドテープを削らずにスジを掘っていくことができるんです。

そのため右利きの人が
ガイドテープの奥側を掘りたい場合は
IMGP3352.jpg
Lの方を

ガイドテープの手前側を掘りたい場合は
IMGP3359.jpg
Rの方を使うといいですよヽ(・∀・)ノ

左利きの人は逆ですねヽ(´▽`)/

以上がスジ彫りヤスリの基本的な使い方です(≧∀≦)

IMGP3360.jpg
今回はわかりやすいように深く掘ってますが
もっと浅く細く掘ることもできますよヽ(・∀・)ノ

ゴッドハンドのスジ彫りヤスリは7通りの使い方ができるようになっていて
尚且つ大きさ薄さも半端なく小さいのですヽ(´▽`)/


是非みなさんもスジ彫りヤスリを試してみてくださいね!

とっきょきょきょきゃ局(;´Д`)

どうもこんにちは社員Cです。

今日は特許が取れた記念にスジ彫りヤスリの使い方を
IMGP3364.jpg
とりあえず極小のSとLですヽ(´▽`)/
これら見てお分かりと思いますが片側にしか刃が付いていないんです(`・ω・´)
そしてスジ彫りヤスリは基本押し切りです。←結構重要ポイントです!

まずは
IMGP3350.jpg
スジを掘りたいところに線をマジックや鉛筆で引きます。

次に
IMGP3355.jpg
落としてある角を書いた線に沿って面に対し20°~25°になるように当てて押しながらスジを掘っていきます。

時々スジ彫りの角度を変えたい時は
IMGP3356.jpg
落とした角で任意の方向に刃を回転させてスジを掘ることができますヽ(´▽`)/

直線を引きたいと思って場合は
IMGP3353.jpg
辺を使って始点、終点を合わせて押し切りすると簡単に直線が引くことがww

また、反対の辺を使うと(°д°)
IMGP3363.jpg
刃の向きが逆についているので浅いスジが!

落としていない角は
IMGP3362.jpg
このように落とした角では入らないような隙間を掘ることができたり

IMGP3357.jpg
角を立てて引き切りをすれば
チゼルのような使い方ができますよ~ヽ(・∀・)ノ

長くなったので今日はここまでで続きは
(o・・o)/~

スジ彫りヤスリ超オススメの工具ですよ~

タダの・・・ですが|д゚)

どうも~昨日寝室の室温が38度になっていて
蒸し焼きになりかけていた社員Cです(゜д゜)

エアコン付けずに首振りくんだけだったので
本当にやばかった( ̄▽ ̄;)

さて今日はこれの紹介を
IMGP3277.jpg
ゴッドハンド ヤスリ当て板FFボード3色セットです。

これって結構古い商品なんですがあまり知られていないんですよね~
ま、ぶっちゃけただのアクリルの板なんですけどね~(いろいろと材質を選んでいますがそこは内緒)

お出かけセットに入っているのでここでしっかりと説明を

まずこれだけでは使えないので
IMGP3278.jpg
幅15mmの両面テープ15mm×115ミリに切った紙やすりを用意します(゜ロ゜)

そして
IMGP3291.jpg
じゃ~んマスパー15こいつの出番

IMGP3293.jpg
がっつり15mmが切れるので両面テープもなんなく切れるんです(゚∀゚ )

なので
FFボードに貼った両面テープを
IMGP3279.jpg
ボードの際でバッチリと

IMGP3280.jpg
切ることができるんですヽ(´▽`)/

次は
IMGP3281.jpg
保護シートをはがして

IMGP3282.jpg
紙やすりを貼り付けたら

IMGP3303.jpg
完成~
当て木付きヤスリの完成です(゜ロ゜)

硬さと角がしっかりと出ているアクリルの当て木なので
IMGP3283.jpg
平面の表面処理に

IMGP3286.jpg
とても役立つんですヽ(´▽`)/

いろいろと持ち方がありますが
IMGP3284.jpg
社員Cは有名な持ち方ではなく、
こんな感じに人差し指で押さえるか金ヤスリを使う感じで削ってます(´・ω・`)

3色あるので赤は#240黄は#400青は#800など番手で色分けできますよ~ヽ(´▽`)/

続きは斜め右下の題名をポチッとね

タダの・・・ですが|д゚) »

お待たせしました( ̄▽ ̄;)

こんばんわ|д゚)ノコソッ
だいぶん謎ではなくなってしまった社員Cです( ̄▽ ̄;)
長らく放置してしまって申し訳ありません<(_ _)>
遊んでいたわけではないんですが・・・

久々の商品紹介はコレ
IMGP3094.jpg
手切り職人小林 手切りヤスリ 平(両面)【荒目/中目】です(^-^)

刻印がある方が中目で
IMGP3098.jpg
ない方が荒目になります。

手切り?って思われる方がいると思うのでコチラで手切り職人の小林さんの説明を確認してみてください。
きっと小林さんの魅力にメロメロに←ならないですか?・・・おかしいなww(´・ω・`)

機械切りと比べると目を切る時に焼入れ時に起きる刃の反りを考えて微妙な返しを入れることで、
きっちりと目が立った刃をヤスリに付ける事が出来るそうです。
実際にカンナの刃のような目がびっしりと付いているんですよΣ(゚д゚lll)

IMG_9816.jpg
では実際に削ってみます。

まずは中目から
IMG_9828.jpg
そこそこガッツリ削れるので10回ほど削ってみますヽ(・∀・)ノ

もひとつ
IMG_9833.jpg

今度は荒目で
IMG_9835.jpg
こっちはガッツリ削れるので7回ほど削ってみました(´∀`)

仕上がりはコチラ
IMG_9837.jpg
幅広のヤスリで削ることで単目の削り面の良さが存分に出て
幅の狭いヤスリより削り傷を抑えてくれるんです。

IMG_9829.jpg
単目なので荒目、中目で削ってもそれほど削り面に違いが出ないので
目の違いで削る回数やヤスリの扱いやすさなどで使い分けるといいかと思いますヽ(´▽`)/

ヤスリ幅が広いのでそのままだと持ちにくく持っていると手が痛いと言われることがあるので
IMGP3108.jpg
持ちやすいように角を面取りしてありますヽ(´▽`)/

手切り職人小林 手切りヤスリ 平(両面)【荒目/中目】おひとついかがでしょうかヽ(・∀・)ノ

細かい所などには手切りヤスリ平(両面)【細目/中目・平】手切りヤスリ【半丸・細目】
もありますよ~ヽ(´▽`)/

それではまた(o・・o)/

«  | ホーム |  »

プロフィール

godhandtool

Author:godhandtool
ゴッドハンドの工具好きの社員が
模型を作っていくブログです。
様々な工具の紹介や使い方を
載せていこうと思っています。
時々究極な試作品の紹介をするかもヽ(・∀・)ノ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ニッパー (12)
アルティメットニッパー (4)
マスパー (2)
メタルラインニッパー (1)
アルティメットニッパー エッジ45° (1)
片刃ニッパー(名前) (1)
プレミアムニッパー (1)
トリニティー TM-02 (1)
クラフトグリップシリーズ (1)
ヤスリ (9)
スジ彫りヤスリ (5)
手切りヤスリ (1)
マイティープロ (1)
FFボード (2)
リューター (4)
スチールカッタービット (1)
ジルコニアロータリーバー (1)
面取りビットセット (1)
彫刻刀 (4)
スピンブレード (3)
ピンセット (5)
パワーピンセット (1)
ロック式ピンセット (1)
フッ素加工ピンセット (1)
パーツホルダー (1)
ピンバイス (3)
パワーピンバイス (2)
工具紹介 (19)
フレキシブルカッター (1)
アート・デザインナイフ (3)
サークルカッター (1)
カルコ (1)
鉄の台 (1)
のこぎり (2)
バイス (1)
スタンドルーペ (1)
ミルタガネ (1)
ハンドラップ200 (1)
メンテナンス (2)
サビ取り剤 (1)
直尺 (1)
工具セット (2)
フィギュア (1)
怪獣 (2)
エレキング (2)
壁美人 (1)
質問回答 (2)
プラモデルを作りましょ (6)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
3698位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
501位
アクセスランキングを見る>>

ゴッドハンド模型道

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

模型スペース整理術

社員Cの模型スペースを例にご紹介します。


GodHand 商品バナー

▼ショートパワーピンバイス

▼FFボード専用両面テープ
 (15mm幅)


▼ミニFFボード専用両面テープ
 (10mm幅)


▼ミニFFボードステンレス

▼FFボード3色セット

▼フレックスクロス アソートセット

▼お出かけセット アルティメットニッパー

▼スピンブレード 1~3mm 5本セット

▼スピンブレード 1.1~2.9mm
 0.1mm刻み


▼スピンブレード 0.5~0.9mm
 0.1mm刻み


▼壁掛けプチ棚[壁美人金具付]

▼スジ彫りヤスリ