2017-11

「ごうつホビー祭り」に参加してきました

弊社の営業担当が、8月26日(土)に島根県江津市で行われた
ごうつホビー祭り」にお邪魔してきました。

第1回ごうつホビー祭り2017-001

こどものニッパー」をこんな感じで展示。
「こどものニッパー」の取説を読んで行かれる方が多かったです。

第1回ごうつホビー祭り2017-002

当日会場では模型教室も開催されました。

第1回ごうつホビー祭り2017-003

ゴッドハンドからは「ケロロニッパー」と「こどものニッパー」をお貸し出し。

第1回ごうつホビー祭り2017-004

第1回ごうつホビー祭り2017-005

模型教室は150人ほど参加されていたようです。
子どもたちは夢中でプラモデルを作っていました。

こうやって若い子たちがプラモデルを作っている様子を見ると、
オジサンモデラーたちはすごく嬉しいもんです。
プラモを作り続けて、将来、凄腕モデラーに育っていってほしいですね。

そうそう、オジサンモデラーといえば・・・

女性モデラーの存在も嬉しかったりします。
子どもモデラーと同様、ついつい、頼まれもしないのに教えたくなるんですよね~。
それでウザがられたりするんですがw

というわけで、
当日のゴッドハンドの展示作品には、弊社女性社員が作った作品が含まれていますw
第1回ごうつホビー祭り2017-006
手前のガンダム2体がそれです。
総務の2人が、それぞれ1体ずつ作っています。

もちろん製作中には、
弊社男性社員があーだこーだと口出ししたのは言うまでもありません・・・


なお、「ごうつホビー祭り」の開催趣旨が、公式サイトにありましたので
以下に抜粋させていただきます。
◆何のために「ごうつホビー祭り」を開催するのか
 ごうつホビー祭りに興味を寄せていただきありがとうございます。この場を借りて、何のためにごうつホビー祭りを開催するのか、その思いについて書かせてもらいます。
 私たちは、幸運にも人生の中で楽しみを見つける事ができて、大いに楽しんでいる(と思っている)人間です。また、この楽しみを誰かと共有したいとも考えています。今回、同じように楽しみに出会えて、その楽しみを分かち合おうとしている人たちに出会う事ができました。今回出展いただいた人たちは、それぞれステキなものを持っています。今回のイベントを通じて、ステキなものに出会えた人たちと交流してほしい。その人が何を感じて、何を伝えようとしているのかに触れてほしい。そういう思いで企画したイベントになります。
(以下略)
【ごうつホビー祭り公式サイト】


◆はじめてのプラモデルにオススメの2つのニッパー!◆


「こどものニッパー」による作例紹介

刃付け職人が、小学6年生のご自分のお子さんに「こどものニッパー」を渡したところ、
初プラモにもかかわらず、一気に組み上げたそうです。
IMG_8880.jpg


ご覧の通り、コトブキヤ製のエヴァンゲリヲンです。

パーツ数が多く、初心者には実際、難しい部類のキットのはずですが、
本人が「これがいい」といって選んだそうです。

推定製作時間は5~6時間。
職人さんが仕事から家に帰ってきたら
いわゆる「スターティングポーズ」で飾ってあったそうです。
この写真は、撮影の関係で立ちポーズにさせてもらってますが。

IMG_8881.jpg


作っているところは見ることはできなかったものの、
本人は「楽しかった」と言っていたそうです。

「こどものニッパー」で、もっともっと、若いモデラーが増えてくれると、嬉しいなぁ。


▼こどものニッパー



ネットショップでの限定品を買うために!購入最速理論!

こんにちは。WEB担当の小嶋です。
ちょっと、「模型」や「工具」そのもののネタではないので恐縮ですが、
ネットショップでの限定品を買うためのコツというか理論を書かせていただきます。
m(_ _)m

というのも、明日、2017年6月17日21時から
アルティメットニッパー司波達也カスタム
販売開始されるんですが、これがまた、ほんとに少数の限定のアイテムなのです…

そこで!

今回に限らず、よく限定品を販売しているゴッドハンドとしては、
「ネットショップで限定数の商品を買うときに、
 どうやったら他の人よりも「速く」購入までたどり着けるのか」

その方法を世に知らしめねばなるまい!ということになりました。

題して…

「購入最速理論!」
─────────────────────────
購入最速理論 要項

大前提:最速で注文確定ボタンを押す(超重要)

勘違いしている人が多いですが、ほとんどのネットショップにおいて
カートに入れられても商品が確保できたわけではありません

決済方法や届け先を入力し、注文確定ボタンを押して初めて確保です。
最速で押すには、余計な動作は出来ません

最速で注文確定ボタンを押すために、次のようなポイントがあります。
───────────────────────

1)事前にログインしておく
注文確定ボタンにたどり着くには、
販売開始してからログインしたり、届け先を入力する時間が命取り。
必ず事前にログインしておきましょう

2)会員情報(届け先情報、クレジット情報)が違ってないか確認
これは最低限のチェックですね。

3)同時に買いたい非限定商品は、先にカートに入れておく
大前提として、目当ての限定品をカートに入れた後に、
悠長に非限定品を見ている暇はありません
特に品切れの心配のない商品は事前にカートに入れておきましょう
決済が1回で済みます。

───────────────────────
ここまでやって、初めて購入のスタートラインに立てます。

さらに!
1%でも購入出来る確率を上げたい人に!

次のような方法が考えられます。
(実現可能の難易度が上がっていきます!)
───────────────────────

4)日時指定や備考欄の記入は諦める
入力が増える=タイムロスです。
注文確定に必要な入力だけに特化しましょう。

5)購入時のボタン配置、画面変遷を記憶してイメトレ
失敗しないためのイメージトレーニングはかかせません

6)光回線を有線で使用
有線、やはりこれが最速です。

7)高スペックのPCを使用する
画面の変遷でもたつくと命取りです。
ひとまず15万くらいのゲーミングPCなら安心かと。

8)通信速度の速い場所に引っ越す
同じ光回線でも、地域で速度は異なります。
どうせならプロバイダも含めて速い所に引っ越しましょう。
もちろん戸建てです。

───────────────────────
どうでしょう?
以上が、正攻法で考えうる、購入最速理論です。
8番目の方法なんて、できる人いるのか?というレベルですが
1%でも購入確立を上げたい人向けに、
考えうる限りの理論を並べてみました。

ぜひ、今後のネットショップでの限定品購入にお役だてください。

そうだ!プラ板で何かを作ろう(≧▽≦)

だいぶん暖かくなってきましたね~
燕三条界隈はやっと桜が満開になってきたという感じで
DSC_0178.jpg
朝から花見をしている社員Cです(≧▽≦)

さて今回紹介する工具は
究極の名を持つコレです(≧▽≦)
IMG_7574.jpg
アルティメットカッター~byドラ〇もん風w
注:画像は流通版です。

2mm厚までのプラ板を切るのに最高なこの工具
仕様などはこちらをご覧になってください。

で、何に使うの?
プラバンニッパーとの違いは?というご質問が結構あるので
とりあえずこの二つを使って箱を作ってみようと思います。

まずは簡単な設計図
IMG_7606.jpg
サイズをなんとなくでいいので書き出しておきます。

IMG_7507.jpg
あとはメモリ付きのプラバンを

IMG_7508.jpg
サイズに合わせて切り出していくだけ(≧▽≦)

IMG_7608.jpg
(この時メモリに合わせて刃を微調整して切るとほぼ歪みがなく切り出せます)

IMG_7512.jpg
このような小さい物を切り出すときは
アルティメットカッターだと大きすぎて
難しく危険なので

こういう時は
IMG_7575.jpg
プラバンニッパーを使っていただくと

IMG_7663.jpg
とてもきれいに

IMG_7665.jpg
切り出すことができます(^O^)ノ

では
IMG_7609.jpg
切り出したプラバンを貼り合わせていきますヽ(^o^)丿

IMG_7514.jpg
流し込み接着剤で接着していきます。
社員Cはこういう時はクレオスのセメントSを好んで使っています。

IMG_7515.jpg
直角になっているのを確認しながら

IMG_7518.jpg
どんどんと貼り合わせていきます(゚Д゚)ノ

IMG_7521.jpg
んっ?
どうやらサイズを間違えて切りだしたみたいです(;゚Д゚)

でも、プラバンニッパーがあれば大丈夫(≧▽≦)ノ
IMG_7522.jpg
辺を合わせて切れば

IMG_7523.jpg
きれいな箱の出来上がり~

今回はここまでで
アルティメットカッタープラバンニッパー
プラ板工作を簡単にしてくれるこの工具達
使う位置などによって使い分けるととても簡単にプラ板工作が
出来ますよ~
おひとついかがですか?

それでは(・ω・)ノ




脱パチ組み!プラモデルの作り方:その8 デカール編

桜の満開ニュースが賑わっていますが
燕三条界隈はまだまだみたいです( ̄▽ ̄;)
もしまだ花見をしたりないという方はこちらなら
まだこれからですよ~ヽ(´▽`)/

さてほぼ一ヶ月に渡って作ってきました
ティエレンさんもいよいよ最後です。

今回は完成に彩りをそえるデカールです。
(デカールとは水転写シールのことで一般のシールと違い
剥離紙を剥がす時に水につけて剥離紙を剥がして貼るシールです)

デカールとテトロンシール(最近のガンプラに付いている極薄のシールです)の
違いはデカールの方が貼った時の薄さが違ってより密着した状態になるんです。

それでも余白の厚みが気に入らないとギリギリまでデカールの余白を切る達人がいますが
社員Cはマークソフターという秘密兵器(全然秘密じゃない)を使ってごまかしてます。

では
まず貼りたいデカールだけを剥離紙ごと切り出し水に浸けます。
IMG_7454.jpg
この時水に沈めるのではなくデカールの面を上にして浮かべる感じで

IMG_7455.jpg
剥離紙に水がしみきったら(水がしみこむと若干色が濃くなります)

IMG_7456.jpg
ティッシュの上に置きます。
子供の頃はデカールが浮かび上がるまで浸けてたんですが
糊が溶けだしすぎると模型誌で読んでカルチャーショックを受けた思い出があります(´∀`)

IMG_7457.jpg
40~70秒ぐらいでデカールと剥離紙が剥がれるぐらい糊が溶けてくるので
(軽くデカールを触ると剥離紙の上でずれるぐらいが目安です)
全体が滑る状態じゃないとデカールが破けてしまうので気をつけてください。

IMG_7458.jpg
剥離紙の表面を滑らすようにデカールをずらして
ピンセットなどでデカールを取ります。
この時のピンセットは持ちやすいパワーピンセット(先広)がオススメです。

IMG_7453.jpg
デカールを貼りたい位置に汚れやゴミがないのを確認したら

IMG_7459.jpg
貼りたい位置にデカールを置きます。

IMG_7460.jpg
この時ズレ等をしっかりと確認しながら作業を行います。
(デカールは1度貼ってしまうと剥がすのが難しいので)

次に綿棒で水分を拭き取ります。(綿棒は固くしまっている方が使いやすいです)
IMG_7463.jpg
綿棒で水気を吸い取るように
デカールの中心から綿棒を転がすように空気を抜きながらシワに気を付けて密着させていきます。
(デカールは大変繊細で破けやすいのでこすらないように優しく扱ってくださいね)

貼った場所が曲面などで
デカールがうまく貼れないときは
IMG_7461.jpg
マークソフターを使います。
(マークソフターはデカールを軟化させるものでデカールを柔らかくして密着度を高めてくれるものです)

IMG_7462.jpg
マークソフターを塗ったら

IMG_7466.jpg
また綿棒で水分を吸い取っていきます。
この時マークソフターを塗ったデカールは脆くなっているので
デカールになるべく触れずに水分を吸い取ってください。
(デカールに触るときは軽くポンポンと叩くようにするとデカールが傷つきにくいです)

IMG_7465.jpg
余白が気になる場合社員Cはさらにマークソフターを塗りますヽ(・∀・)ノ

IMG_7464.jpg
また、綿棒で水分を吸い取りますヽ(・∀・)ノ
マークソフターが残ったまま乾くと汚くなるのでできるだけ吸い取ります。
この時さらに一段とデカールは脆くなっているので
デカールには触れないで水分を拭き取ります。

IMG_7473.jpg
だいぶん余白が目立たなくなったと思いますがどうでしょうか?
マークソフターを塗っていくとひとつ欠点があってデカールが縮むので塗りすぎると
一回りぐらい縮むので気をつけてお使いくださいね。

デカールは貼ったままだと傷つきやすいのでトップコートで保護して完成ですヽ(´▽`)/
DSC_0145.jpg


みなさんもここまでするのは大変ですが
難しくはないのでチャレンジしてみてはどうでしょうか?
完成するのは楽しいですよヽ(´▽`)/
DSC_0146.jpg

社員Cが作ってみたでした。
それでは(o・・o)/~

«  | ホーム |  »

プロフィール

godhandtool

Author:godhandtool
ゴッドハンドの工具好きの社員が
模型を作っていくブログです。
様々な工具の紹介や使い方を
載せていこうと思っています。
時々究極な試作品の紹介をするかもヽ(・∀・)ノ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
ニッパー (12)
アルティメットニッパー (4)
マスパー (2)
メタルラインニッパー (1)
アルティメットニッパー エッジ45° (1)
片刃ニッパー(名前) (1)
プレミアムニッパー (1)
トリニティー TM-02 (1)
クラフトグリップシリーズ (1)
ヤスリ (9)
スジ彫りヤスリ (5)
手切りヤスリ (1)
マイティープロ (1)
FFボード (2)
リューター (4)
スチールカッタービット (1)
ジルコニアロータリーバー (1)
面取りビットセット (1)
彫刻刀 (4)
スピンブレード (3)
ピンセット (5)
パワーピンセット (1)
ロック式ピンセット (1)
フッ素加工ピンセット (1)
パーツホルダー (1)
ピンバイス (3)
パワーピンバイス (2)
工具紹介 (19)
フレキシブルカッター (1)
アート・デザインナイフ (3)
サークルカッター (1)
カルコ (1)
鉄の台 (1)
のこぎり (2)
バイス (1)
スタンドルーペ (1)
ミルタガネ (1)
ハンドラップ200 (1)
メンテナンス (2)
サビ取り剤 (1)
直尺 (1)
工具セット (2)
フィギュア (1)
怪獣 (2)
エレキング (2)
壁美人 (1)
質問回答 (2)
プラモデルを作りましょ (8)
アルティメットカッター (1)
こどものニッパー (2)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
1886位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
259位
アクセスランキングを見る>>

ゴッドハンド模型道

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

模型スペース整理術

社員Cの模型スペースを例にご紹介します。


GodHand 商品バナー

▼こどものニッパー

▼神ヤス!磨-MIGAKI-(厚さ3mm)

▼パワーピンセット先広/先細

▼ショートパワーピンバイス

▼FFボード専用両面テープ
 (15mm幅)


▼ミニFFボード専用両面テープ
 (10mm幅)


▼ミニFFボードステンレス

▼FFボード3色セット

▼フレックスクロス 布ヤスリセット
 [#240 #400 #600 #800]


▼お出かけセット アルティメットニッパー

▼スピンブレード 1~3mm 5本セット

▼スピンブレード 1/1.5/2/2.5/3mm
 単品販売


▼スピンブレード 1.1~2.9mm
 0.1mm刻み


▼スピンブレード 0.5~0.9mm
 0.1mm刻み


▼壁掛けプチ棚[壁美人金具付]

▼スジ彫りヤスリ